映連、歴代一位の興収発表

映連(会長:岡田裕介東映グループ会長)は、恒例の2020年新年記者発表会を1月28日都内で、岡田会長をはじめ4社代表取締役、松竹・迫本淳一社長、東宝・島谷能成社長、東映・多田憲之社長、KADOKAWA・井上伸一郎副社長が出席して開き、2019年度『全国映画統計』を発表。興行収入は、歴代一位の2,611億8千万円を記録した。映画人口は、1億9,491万人に達した。

タイトルとURLをコピーしました