コラム|池江璃花子さん病院で「映画観る」

水泳の池江璃花子選手が8日、公式ホームページを開設した。現在、白血病の療養中。さっそく自筆のメッセージを投稿した。「応援してくださる皆様へ」と題し、「日頃から沢山のはげましのメッセージ、お手紙など本当にありがとうございます。現在、治療は順調に進んでいます。普段、体調が良い時は、今までやらなかったぬり絵やパズルをやったり、映画を観たり、泳いでた時は出来なかったことを楽しみ、という生活を送っています」と綴りはじめ、「正直、心が折れそうな時もあります」と告白している。
さらに「たくさんの言葉にはげまされ、最後まで頑張りたい、負けたくないという気持ちがこみ上がって来ます」としながら、「どんな時でも1人ではない事を忘れません。そして(私を)忘れないでほしいです」と18歳らしさものぞかせる。メッセージは英訳も掲載され、家族からのメッセージも寄せられた。また「マスコミの皆さまへのお願い」として、病気療養中は、同サイトを通じて最新情報を発信するので、家族や関係者への直接の取材行為は止めてほしい旨を合わせて掲載している。これからの取材姿勢の指針にもなりえる切実なお願いだろう。しかしながら、どんな映画を見ていたのだろうか、続報を待ちたい。
https://www.rikako-ikee.jp/

タイトルとURLをコピーしました