コラム|東映「麻雀放浪記2020」

東映は、斎藤工主演・白石和彌監督最新作「麻雀放浪記2020」を4月5日㈮全国公開する。企画アスミック・エース。コピーは【ボーッと生きてんじゃねえよ、ニッポン!】。東京オ■■■■■が中止になり失業者と老人が溢れる2020年を舞台に、1945年からやってきた主人公の麻雀での死闘を描く平成最後の最も危険なセンセーショナル・コメディ。東映では、製作報告会イベントを3月20日㈬新宿バルト9で開催。その後公開に向けて盛り上げていく。
なお、牛尾憲輔(agraph)が担当したサウンドトラックが3月29日配信リリース、4月13日にアナログ盤(LP)が発売される。

タイトルとURLをコピーしました