コラム|ソンドラ・ロックさんの死

先週末、15日土曜日のスポーツ新聞芸能面に小さな記事を見つけた。「イーストウッドと交際 ソンドラ・ロックさん死去」。ハリウッドの最高齢監督であり俳優でもあるクリント・イーストウッドさん(88)とある時期、たびたび監督や主演俳優と共演女優としてコンビを組み、私生活でもパートナーだった。華奢(きゃしゃ)なボディーラインの金髪女優だったが、最近はとんと話を聞かなかっただけに、突然の訃報に驚いた。
共同通信などによると、ロックさんは11月3日、乳がんと骨肉腫による心不全のためロサンゼルスの自宅で死去。74歳。AP通信などが12月13日相次いで報じた。44年5月、米テネシー州で生まれた。初出演の「愛すれど心さびしく」(68)でアカデミー賞助演女優賞にノミネート。「アウトロー」(76)撮影中に監督・主演のイーストウッドさんと交際を始め、その後「ガントレット」(77)「ダーティーファイター」(78)「ブロンコ・ビリー」(80)「ダーティーファイター燃えよ鉄拳」(同)に出演。「ダーティハリー4」(83)ではハリーが追う連続殺人犯で自らもレイプされたという難しい役柄を演じた。イーストウッド監督のテレビドラマ「亡き妻の肖像…魂が棲む画」(85)は主演を務めた。その後別れ、慰謝料の支払いをめぐり訴訟騒ぎで話題になった。

タイトルとURLをコピーしました