コラム|『最後の映画スター』

松方弘樹さんが亡くなった。1月21日だった。死因は脳リンパ腫。74歳という年齢は東映任侠映画のスターで先輩の高倉健さんや菅原文太さんに比べても、あまりに若すぎる死だった。時代劇スター近衛十四郎さんの長男としデビュー。東映では、やはり戦前からの大スター市川右太衛門さんの二男北大路欣也さんとコンビを組み、時代劇に出て活躍した。しかし、映画は斜陽といわれ人気沸騰までには至らなかった。68年(昭和43年)深作欣二監督が松竹で撮った「恐喝こそわが人生」に主演。続いて急死した市川雷蔵さんの大映「眠狂四郎」など3本に主演した。死後判明したのだが、東映専属ではなく当時の岡田茂京都撮影所長個人の預かりだったのだ。東映復帰後は「仁義なき戦い」シリーズで個性派俳優に”転身”し、汚れ役も精力的にこなした。一方、テレビではバラエティー番組にも出たが、なんといってもテレビ朝日・ABC系「名奉行遠山の金さん」だろう。10年間続いた。撮影はホームグランドといえる東映京撮。毎日6時に起き、3時間かけ入れ墨完成までじっとしているのを目の当たりにした。また91年「江戸城大乱」では時代劇初出演の三浦友和さんに畳の上を膝を立て進む“いざり”を直伝した。『時代劇の伝統を守るんだ』が最後の口グセだった。合掌。