藤山直美の復帰決まる

“笑いの神様”といわれた藤山寛美の娘で、座長の舞台公演は連日大入り満員の藤山直美。初期乳がんのため昨年2月から療養中だったが、1年9か月ぶりに復帰することが決まった。今年10月、東京・日比谷シアタークリエ「おもろい女」(8日~29日まで。作小野田勇、潤色・演出田村孝裕。製作東宝)。15年に故森光子から継承した名舞台で、今回が復帰作となる。11月には兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホールなど地方公演も予定。
「おもろい女」は、天才漫才師ミス・ワカナを主人公にした喜劇。昨年、3月と4月に名古屋と大阪公演を予定していたが、直前になって乳がんが見つかり中止した。初期のため手術を行い療養し、昨年10月「ええから加減」の舞台公演も降板した。
藤山直美は「病気のために大変ご迷惑をおかけしたこと、心からおわび申し上げます。1年余のお休みをちょうだい致しまして、今の自分なりの全力で、精進したい」とコメント。藤山は現在、自宅療養中で毎月の検診を受け快方へ向かっているという。最近では親交のある阪神タイガースの西岡選手のインスタグラムにも登場するなど順調な回復ぶりをみせている。

タイトルとURLをコピーしました