コラム

コラム

コラム|OSK心斎橋角座の夜公演

「レビュー春のおどり」などで知られるOSK日本歌劇団が1月12日からDAIHATSU心斎橋角座で訪日外国人(インバウンド)向けの夜公演・エンターテイメントショー!「REVUE JAPAN~GEISHA&SAMURAI」(作・演出・振付花柳...
コラム

コラム|平成31年1月16日(水)第20925号

◇ 全興連・都興組新年会 ◇ 全興連・都興組主催『2019年新年賀詞交歓会』が10日、品川プリンスホテルで盛大に開催された。冒頭、小林力会長(三葉興業社長)は「昨年の興収は一昨年同様素晴らしい成績となる見通し。東京・日比谷のTOHOシネマ...
コラム

コラム|平成31年1月11日(金)第20924号

◇ JVA賀詞交歓会 ◇一般社団法人日本映像ソフト協会(JVA)主催『新年賀詞交歓会』が9日、アルカディア市ヶ谷(私学会館)で盛大に開催された。島谷能成会長(東宝社長)は「販売用市場は4年ぶりに前年上回る」と挨拶した。 ◇ ...
コラム

コラム|平成31年1月9日(水)第20923号

◇ 18年興収は歴代3位! ◇ 外配協主催『平成31年年頭名刺交換会』が7日、品川プリンスホテルのプリンスホールで盛大に開催された。冒頭、井上伸一郎会長(KADOKAWA代表取締役専務)は「年末からお正月にかけて洋画が好調で、正式には月末...
コラム

コラム|2018年重大ニュース

◆年間興収約2200億円、歴代3位の見込み。トップは邦画「劇場版コード・ブルー」92億円、洋画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」80億円。邦高洋低続く。◆SNSなど口コミで話題が広がり社会現象となるメガヒット相次ぐ。21年ぶりカンヌ国際...
コラム

コラム|キネ旬80年代邦画ベストテン

㈱キネマ旬報社(星野晃志社長)発行「キネマ旬報」1月上旬号では、創刊100年特別企画第4弾「1980年代日本映画ベスト・テン」を発表した。「80年代外国映画ベスト・テン」に続くもの。第1位は「家族ゲーム」(監督森田芳光。ブルーレイ・DV...
コラム

コラム|筋書でみる歌舞伎座130年⑥

12月の歌舞伎座「十二月大歌舞伎」夜の部は坂東玉三郎の熱演で札止めの人気。「壇浦兜軍記阿古屋」は玉三郎出演のAプロと中村児太郎と中村梅枝が交互に阿古屋を演じるBプロが話題を呼んでいる。公演ごとに発売される「筋書」(プログラム)で、好評の...
コラム

コラム|ソンドラ・ロックさんの死

先週末、15日土曜日のスポーツ新聞芸能面に小さな記事を見つけた。「イーストウッドと交際 ソンドラ・ロックさん死去」。ハリウッドの最高齢監督であり俳優でもあるクリント・イーストウッドさん(88)とある時期、たびたび監督や主演俳優と共演女優...
コラム

コラム|「映画監督佐藤純彌」が話題

映画雑誌「キネマ旬報」の人気連載が単行本化された「映画監督佐藤純彌映画(シネマ)よ憤怒の河を渉れ」(発行元DU BOOK、発売元㈱ディスクユニオン。2800円+税)が話題を呼んでいる。「新幹線大爆破」「君よ憤怒の河を渉れ」「人間の証明」...
コラム

コラム|米企業CEOの役員報酬

12月12日付の日本経済新聞に「役員報酬 世界は今」の連載企画がはじまり、アメリカ企業の高額な役員報酬が明らかになった。日本円換算で117億円というとてつもない金額だった。その人物とは、半導体大手のブロードコムCEO(最高経営責任者)の...